子供のインフルエンザ

子供のインフルエンザ

子供がインフルエンザを発症してしまった場合、重くなる場合があります。
大人の体力や免疫力と比べて弱いので、インフルエンザが広まる時期には、とりわけ注意する必要があります。
意識したいのは、子供の体の異変に早く感づいてあげることです。
まず最初に、普段の子供の平熱を計測しておいてください。
平熱は人によって違いがあるため、健康時の体温を知らなければ、体温が高いかどうか素早く察知することが不可能になってしまいます。
食べる気力がないことは、少し観察してみれば異変に気づくでしょう。
また、下痢症状はないか、顔色が悪くなっていないかなど、変調をきたしていないか調べてあげてください。
その子の話すことを注意深く聞いてあげることもまた必要なことです。
これまでインフルエンザを体験したことがないと、体調が優れなくても、あまり意識せず、いちいち親に言わないこともあるのです。
子供と言っても乳児と見なされるまだ生まれて数ヶ月の小さな子においては、自分で症状を訴えるのが大変です。
それで、具合が悪いことに気付いてあげるのは親の仕事だと言えるでしょう。
普通に遊んでいて元気そうに見えたとしても、下痢や熱といった症状が現れているなら、いち早く病院に行くようにしましょう。
インフルエンザを発病したら、早いスピードで症状は酷くなりやすいものです。
家に戻ってきたら手洗いとうがいを忘れずにすることを癖にしてしまえば、予防には非常に効果的です。
適当に手洗いを済ませてしまう子供もいるので、定期的に手をちゃんと洗えているか確認すると安心です。