インフルエンザの治療薬

インフルエンザの治療薬

インフルエンザの治療には、「抗インフルエンザウイルス薬」と呼ばれる薬が活用されます。
これは、ウイルスが増えるのを阻止し、症状を抑えるといった薬です。
飲むタイプだけでなく点滴タイプもあるので、何も食べられないほど症状が悪化しているときは、点滴が便利です。
一般的には自宅療養で治しますが、家族にうつることがないよう気をつけることが大切です。
可能なら違う部屋で過ごすのが好ましいのですが、難しい場合は家族みんなでマスクの着用をしましょう。
面倒をみる人は必ずマスクをつけてください。
そして、看病が済んだらうがいと手洗いをすることも忘れずに行いましょう。
インフルエンザの治療に関連して、覚えておかなければならないのが、脱水症状が起きるかもしれないということです。
高熱が出てしまったり、下痢や嘔吐が止まらない時は、脱水症状になりやすい状態と言えます。
そうなると体は大きなダメージを受けてしまうので、水分が摂取できない時には病院で治療してもらわなければなりません。
一回は医師にインフルエンザと判断され自宅で過ごしていても、改善しなかったり、悪化の傾向があるとすれば再び医師の治療を受けましょう。
中でも、呼吸が速くなったり、意識障害があらわれたり、胸部痛などがあるとすれば、もう医師に診てもらっていたとしても、再度受診することをおすすめします。
インフルエンザというのは、症状が見られたら早めに治療を開始したほうが軽症で済む場合が多いです。
早く発見することが望ましいので、自分の体の状態は常に把握しておきましょう。