インフルエンザの特徴

インフルエンザの特徴

インフルエンザには、複数の特徴があることがわかります。
その一つとして、違った病気を併発する場合がよくあるという点です。
一般的な風邪であれば、合併症を発症することはないですよね。
ところが、インフルエンザが悪化の一途を辿ると、肺炎をはじめとする合併症につながることも少なくないのです。
あまり長引かないようにするために、変調があれば急いで医者に診てもらいましょう。
それから、筋肉痛が起こるのも特徴の一つです。
体を動かしてもいないのに、体に倦怠感があって痛むということが生じます。
次に、感染する力も大変高いのです。
風邪の感染力についてはさほど強くないので、学校などで一人だけかかっていたとしても、それが大きく広がることはありません。
けれども、インフルエンザにかかっている人がクラスの中に一人でもいると、あっという間に数名の生徒たちが発症することでしょう。
それが瞬く間に広がり、さほど接しない他のクラスや、違う学年の生徒にまで伝染する恐れがあるのです。
インフルエンザによる死亡率も低くはないのです。
たとえ風邪を患っても、ほとんど体力がないという人は別ですが、死に直面しているわけではないですよね。
しかし、インフルエンザにかかると、高齢者が亡くなるケースが高くなってしまいます。
特に65歳以上になると、早めに症状を抑制できないと、悪くなってしまう恐れがあります。
急激に悪化する場合もあるので、免疫力や体力があまりない人や高齢者の場合は、気を配る必要があります。