インフルエンザの感染経路

インフルエンザの感染経路

インフルエンザは、発症してしまうと体中に重みを感じたり高い熱が出たりと、大変たちの悪い症状が出てしまいます。
薬もスムーズに飲めなくなってしまうので、かからないように、予防することが肝要です。
最も流行る冬には、テレビなどでもインフルエンザにまつわる情報が知らされるようになります。
それを参考に、流行る季節は予防に努めましょう。
感染しないようにするために、特別に徹底しておきたいのが、手洗いとうがいを習慣化することです。
インフルエンザの症状が出ている人と接触する際は、飛沫感染を予防するためにマスクを付けることが基本となります。
けれど、飛沫感染ではなくても、手にウイルスがこびりつき、それが口や喉などの部分から体に入ってくる恐れもあるのです。
こうした状況を防止するのが手洗いという手段なのです。
単純に水で洗うだけでは思ったような効果はあらわれないので、石鹸を使ってきちんと洗うことがポイントです。
また、インフルエンザが多い季節には、アルコール消毒も行っておくと安心です。
現在は家庭で使用できる消毒液がいろいろ登場しているので、準備しておくといいでしょう。
インフルエンザの症状が出ている人と一緒の場所に居なければいけない際には、どちらもマスクをつけるようにして、部屋の換気を忘れないようにすることが大切です。
室内の潤いが不足しているとウイルスが活性化しやすい環境が作られてしまいます。
それを避けるにはこまめに空気を入れ替えて、部屋の空気がこもらないようにしましょう。
できれば同じ部屋にはいないほうが良いので、家族がかかってしまった時などは、症状が落ち着くまで一人で過ごしてもらったほうが良いでしょう。