インフルエンザウイルス

インフルエンザウイルス

インフルエンザがいつ拡散されていくのかというのは、ウイルスの型が違うことで差が出てきます。
大きく区分するとA型、B型、C型と呼ばれるものが挙げられます。
国内での一番蔓延する時期は12月から3月くらいまでの寒さが厳しい頃です。
これについては、空気が乾いた状態となることも関係があります。
湿度が低いほどウイルスが活発に動きやすいことがその原因です。
こういったわけで、加湿器などを利用して、部屋の乾燥を防止することも重要だということが把握できますね。
空気がカラカラに乾いている時期というのは、風邪を引きやすい時期でもありますよね。
人間には免疫機能がありますが、これは粘膜と深い関係があります。
鼻の中や喉は常に湿った状態になっており、細菌が入らないようにする作用があります。
しかしながら、空気が乾いた状態だと、鼻や喉の水分も奪われ、免疫機能が落ちてしまうのです。
喉の乾燥を感じたら、こまめに水を飲むなどして、きちんとケアしましょう。
ことさら、身近にインフルエンザを患っている人が存在する際には、通常より鼻や喉の様子に気をつけておきましょう。
そして、インフルエンザについては潜伏期間なるものが存在します。
潜伏期間の長さには個人差が見られますが、ウイルスが侵入してから早くて24時間かからないうちに、遅ければ4、5日後に症状が現れます。
拡散されやすいとされる12〜3月というのは、年末年始で行事などが目白押しの時期であり、大勢の人が密集する場所に出向くことがよくありますよね。
初詣や初売りに参加するときも、インフルエンザをしっかり予防するためにマスクを付けて行きましょう。