インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種

インフルエンザを防ぎたい人は、予防接種をおすすめします。
殊に年配の方がインフルエンザにかかると、症状が悪くなってしまうことがあります。
それから他の病気が引き起こされる危険性もあるので、予防接種は大切です。
65歳を超える人の場合は、それぞれの自治体で料金の補助を受けられます。
この予防接種は、一度受ければ効果が一生あるものとは違います。
変化が生じる遺伝子なので、毎年注射を受けることに意味があるのです。
いつ頃から予防接種に申し込めるのかというと、大抵10月の半ばからでしょう。
ワクチン不足の問題も考え、持病を持っている人や体力がない人は、急いで予防接種を受けたほうが良いでしょう。
よく行く医師にも聞いておくと安心です。
知っておくべきことは、予防接種をしたからといってすぐに効果が発揮されることはないということです。
体内に抗体が生成されるのを待たなくてはならず、一か月は時間が必要となります。
および、インフルエンザの予防接種というものは、二回受けなくてはいけないとされています。
当たり前ですが、一度実施するだけでもその分の効果はあらわれますが、予防率は一回だと65%ですが、二回目も受けると95%ほどと、大きく異なるのです。
どうしても二回受けに行く時間が作れないという場合を除いて、できる限り二度受けておくとより安心できるでしょう。
一度きりしか行けないので、受けても受けなくても良いということではないので、時間がないとしてもたとえ一度きりでも予防接種を受けることをおすすめします。