インフルエンザの予防法

インフルエンザの予防法

インフルエンザには、数種類の予防法があります。
まず、インフルエンザが多い季節には、人がたくさんいるところには行かないということが大切です。
一切誰とも接することなく生きるなんて無理な話ですが、大勢の人がいると、菌もたくさんある恐れがあります。
人の多いイベントは、なるべくなら参加を我慢したほうがよいですね。
外に出る必要があるのであれば、マスクを忘れずつけましょう。
この点は、既に発症してしまった人も変わりません。
マスクのおかげで、口や鼻からのウイルス感染を抑えることができます。
中でも、咳やくしゃみなどが出ている人は、人と会うつもりならマスクをしておくのが礼儀とも言えます。
けれども、幼い子はマスクをどうしてもつけようとしないことも考えられます。
そこで、連れ立ってマスクを選びに行くといいですね。
近頃はキャラクターがプリントされたマスクなど、子供仕様のものも販売されています。
そうしたタイプだったら、嫌がらずつける子も多いでしょう。
そして、人間の体には免疫力があるので、たとえウィルスを取り込んでしまっても体が除去しようと働きます。
ということは、強い免疫力が備わっていればインフルエンザを食い止めることができるのです。
ところが、栄養が不十分だったり睡眠不足の場合には、免疫機能が弱くなっていることが予想されます。
食生活を充実させて、寝る時間を十分に作ることも、防止するための大事な点となるのです。

また繰り返し言われているうがいと手洗いをしっかり行いましょう。
こちらもインフルエンザを未然に防ぐためにはしておくべきです。